52回夏期シンポジウム

「細胞・生体との相互作用を利用した機能性ナノ粒子・人工材料の設計」

(参加募集)

 

共 催: 日本薬剤学会, 日本粉体工業技術協会微粒子ナノテクノロジー分科会

協 賛: 日本化学会

開催日: 201688日(月)〜 9日(火)

先行申込締切715日(金)

場 所: ひょうご共済会館(〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4-17-13

        TEL. 078-222-2600  http://www.hk-kaikan.com/

 

趣 旨: 近年,ナノ粒子は,触媒や電子部品などの工業製品だけではなく,医薬品,化粧品,食品などにも広く利用されており,私たちの身近な存在になりつつあります。このため,ナノ粒子を含めた人工材料と生物の相互作用を正確に評価・理解して精密に制御することが,強く求められています。例えば,バイオマテリアルの表面設計では,生体・細胞に対する親和性の情報が不可欠です。薬物送達(DDS)用粒子の設計では,親和性の他に,細胞への取り込み特性,細胞毒性に関する情報が必要となります。また,工業製品中のナノ粒子がもつ特異的性質は,機能面では利点となっていますが,一方で,ヒトや環境に何らかの悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

本シンポジウムでは,特に『生体組織,細胞,微生物などと粒子・材料の間に働く相互作用』に立脚した機能性ナノ粒子・人工材料の設計に焦点を当てます。具体的には,「粒子の物理的・化学的性質によって,細胞への結合・接着,取り込み,毒性にどのような影響を与えるのか」,「生体との間に働く相互作用を積極的に利用,または回避することで機能性を十分に発揮しうる材料の設計」を中心課題として,粒子材料種横断的かつ細胞種横断的に討論する場にしたいと思います。さらに,生体関連物質(核酸,タンパク質,リン脂質,糖鎖など)の固体表面への吸着・固定化などの基礎的内容,細胞を活用した材料開発・希少元素回収などの応用的内容,微生物によるトラブル(食品・医療器具汚染,金属付着,虫歯など)の防止技術,動物試験による材料評価・毒性評価など組織・生体レベルの内容,植物細胞を対象とした農薬送達用粒子の開発など,基礎から応用・実際までを建設的に討論することにより,『ナノ粒子・人工材料の設計』を合目的なものとし,理解の深化を目指します。

本テーマは,工・薬・医・農など幅広い学術領域の研究者らに関連する興味深いテーマであり,これらの領域で活躍する研究者・技術者が本シンポジウムで密に連携・情報交換することによって,粉体工学が中心となって本分野をリードする起点としたいと考えています。

関連学協会の研究者を含めた多数の方々のご参加を希望いたします。

 

世話人:山本 浩充(愛知学院大学),尾関 哲也(名古屋市立大学),新戸 浩幸(福岡大学)

野村 俊之(大阪府立大学),後藤 邦彰(岡山大学),市川 秀喜(神戸学院大学)

飯村 健次(兵庫県立大学)

 

参加費(先行振込扱い:715日(金)振込まで。参加申込受付は610日開始予定) 

会員種別

参加登録費

懇親会費

宿泊費

(ツインベース

朝食・

二日目昼食付き)

合計

維持会員

および賛助会員

1名無料

2人目から

10,000円)

6,000

6,730

12,730

2人目から

22,730円)

事業所会員,個人会員

発表者,

共催・協賛機関会員

10,000

6,000

6,730

22,730

学生会員

5,000

2,000

6,730

13,730

会員外(発表者以外

20,000

6,000

6,730

32,730

 注1 )宿泊費はツインベッドルーム2名利用の場合のお一人当たり料金です。シングルルームまたは

ツインベッドルームの1名利用をご希望の場合にはお申し出くださいただし,部屋数に限りがございますので

ご希望に添えない場合もございます。また,シングルルームの場合400円,ツインベッドルーム1名利用の場合

1,000円の追加料金が加算されます。

 

 注2 )参加登録費には懇親会費,食事代は含まれません。

 

 注3 )宿泊をお申し込み無く,2日目の昼食が必要の方は,昼食代1,030円が加算されます。

     反対に、宿泊申込されて,2日目の昼食が不要の方は、昼食代1,030円が減額となります。

 

 注4 715日以降の受付は,参加登録費および懇親会費のそれぞれに2,000円が加算されます。

(学生会員はそれぞれ1,000円の加算となります)

 

 注5 )事業所会員は規定により1名のみ会員資格で参加できます。

 

 注6 )参加費無料の特典利用は,先行振込期間に申し込まれた場合にのみ有効です。

 

 

先行申込締切: 715日(金)(振込日)

 

振 込 先:・銀行口座 みずほ銀行 出町支店  (普通)1238286 粉体工学会

             (読み方:デマチ,フンタイコウガクカイ)

     ・郵便振替 01000-3-27893 粉体工学会

             (読み方:フンタイコウガクカイ)

 

参加申込方法: 下記のwebサイトよりお申込み下さい。

http://www.sptj.jp/sanka/natsu.cgi 

 

 

講演要旨集用原稿締切:6月 19日(日)

          (講演要旨集執筆要綱が適用されます。講演要旨原稿はA4サイズ,2頁とします。)

 

講演要旨提出先http://www.sptj.jp/kouen/natsu.cgi

 

 

 

◇プログラム◇

1日目[88日(月)]

 

13:0013:10) 開会挨拶        愛知学院大山本 浩充,(大阪府大)野村 俊之

 

13:1013:50) 依頼講演1 (座長:野村 俊之)

1. 機能性高分子の表面修飾による細胞特異的リポソームDDSの設計

(大阪府大)弓場 英司

13:5015:10) 一般講演1 (座長:野村 俊之)

2. 機能性リポソームの粉体化と物性検討

(名古屋市大)○田上 辰秋, 福重 香, 尾関 哲也

3. 吸入製剤設計を目的としたリポソーム粒子の肺内挙動評価に関する研究

(岐阜薬大)○宇仁田 真秀, 伊藤 洋祐, 村田 光隆

小野寺 理沙子, 田原 耕平, 竹内 洋文

4. キトサン修飾リポソームとムチン間相互作用のCNT及びコロイドプローブAFM法による評価

(東京農工大)○山本 昌弘, 土屋 直

(岐阜薬科大)竹内 洋文

(横浜国立大)飯島志行,(東京農工大)神谷 秀博

5. PLGAナノ粒子設計によるDDSメディカル・ヘルスケア技術、機能性化粧品の開発と実用化

(ホソカワミクロン)○塚田 雄亮, 笹井愛子, 杉井祐太, 辻本 広行

(大阪物療大)三羽 信比古

(愛知学院大)山本 浩充, 川嶋 嘉明

 

15:1015:30) 休憩

 

15:3016:10) 基調講演  (座長:尾関 哲也)

6. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開

(北海道大)原島 秀吉

16:1017:30) 一般講演2 (座長:尾関 哲也)

7. がんのホウ素中性子捕捉療法用p-borono-L-phenylalanineL-BPA

ナノサスペンションの調製と皮下投与後の体内動態評価

(神戸学院大)○安藤 徹, 門田 直紀, 内田 裕樹

(兵庫県立がんセンター)藤本 卓也

(神戸学院大)福森 義信, 市川 秀喜

8. 医薬品への応用に向けた可食なコア−シェル繊維の開発

(兵庫県立大)○飯村 健次, 石井 良太, 村上 匡, 佐藤根 大士, 鈴木 道隆

9. ゾル-ゲル法による超常磁性MgFe2O4-SiO2コア・シェル型ナノ粒子の

調製とハイパーサーミアへの応用

(静岡大)Harinarayan Das,(沼津高専)新井 貴司

(静岡大)坂元 尚紀,(東京工業大)篠ア 和夫

(静岡大)○鈴木 久男, 脇谷 尚樹

10. 金粒子内包型ゲル粒子の含水度と光音響信号強度の関係

(広島大)○深澤 智典,(福岡大)新戸 浩幸

(京都大)野口 彰太, 青木 裕之, 長嶺 信輔, 伊藤 紳三郎, 大嶋 正裕

 

18:0020:00)懇親会

 

2日目[89日(火)]

 

09:0009:40 依頼講演2 (座長:新戸 浩幸)

11.医工学技術開発に関わる非平衡生体膜分子動力学研究

(大阪大)越山 顕一朗

09:4010:40  一般講演3 (座長:新戸 浩幸)

12. 電場印加環境におけるナノ粒子細胞膜透過現象の分子動力学シミュレーション

(大阪府大)○仲村 英也, 清水 健太, 綿野 哲

13. 電場印加環境におけるナノ粒子の細胞膜透過におよぼす粒子表面電荷密度の役割

                                  (大阪府大)○瀬澤 恭平, 仲村 英也, 綿野 哲

14. ミクロな化学環境を利用した自己運動性のモデル細胞への付与

(同志社大)○名和 愛利香, 山本 大吾, 塩井 章久

10:4012:00  一般講演4 (座長:飯村 健次)

15. タンパク質と金属表面間相互作用の原子間力顕微鏡による直接測定

(岡山大)石田 尚之, 川口 陽, 今村 維克

16. 固体表面上に生体分子を機能的に固定化し,感度よく相互作用をみる方法

(岡山大)○今中 洋行, 伊達 弘輝, 的場 晴香, 石田 尚之, 今村 維克

17. 糖鎖を導入したバイオセパレーションマテリアル(グライコモノリス)の開発

(福岡大)○瀬戸 弘一

(九州大)渋谷 誠, 星野 友, 三浦 佳子

18. コロイドプローブAFM法による動物細胞・材料間の接着力の直接測定

(福岡大)○新戸 浩幸,(京都大)織田 真由美,(広島大)深澤 智典

 

12:0013:00) 昼食

 

13:0013:40 依頼講演3 (座長:山本 浩充)

19. ヒトiPS細胞は歯を形成する細胞に分化できる

(愛知学院大)本田 雅規

13:4015:00  一般講演5 (座長:山本 浩充)

20. 蛍光シリカ粒子の臓器特異的局在におけるマクロファージの関与

(神戸学院大)○榎本 理世, 李 英培

21. 大食細胞へのマイクロ粒子の付着・取込に及ぼす粒子表面物性の影響

(福岡大)○塚本 七海, 有田 拓哉, 廣橋 由美子, 瀬戸 弘一, 新戸 浩幸

22. バイオフィルム感染症治療を目的とした高分子ナノ粒子DDS製剤設計とその評価

(愛知学院大)○高橋 知里, 松原 庸博, 小川 法子, 盛口 敬一

本田 雅規, 川嶋 嘉明, 山本 浩充

23. 薬物送達用キャリアナノ粒子の種々の細胞への導入

(大阪府大)○野村 俊之, 湯浅 友貴, 深町 一仁

弓山 翔平, 中川 拓実, 小西 康裕

 

15:0015:20) 休憩

 

15:2017:00  一般講演6 (座長:後藤 邦彰)

24. 花粉管を用いた植物の生殖細胞へナノ粒子が及ぼす影響の解析

(大阪府大)○山本 花純, 平田 咲, 中島 淑乃, 中川 拓実

野村 俊之, 竹田 恵美, 徳本 勇人

25. 食品添加物ナノ粒子がマウスの腸内細菌叢に与える影響の解析

(大阪府大)○徳本 勇人, 星 英乃, 新居 靖崇, 大谷 俊晴

岡野 凌一, 木岡 真里奈

26. 微生物を利用したタングステン回収と再資源化

(広島大)○荻 崇, 長井 覚史, 奧山 喜久夫

27. 細胞外代謝物が乳酸菌の付着力に与える影響

(住友ベークライト)○吉原 章仙

 (大阪府大)豊田 峻介, 小西 康裕, 野村 俊之

28. バイオファウリングを抑制するための逆浸透膜の表面改質

(神戸大)○佐伯 大輔, 与那嶺 元樹, 松山 秀人

 

17:0017:10) 閉会挨拶                  (岡山大)後藤 邦彰