技 術 討 論 会(過去開催分)

回(年)

テーマ

日時

会場

備考

51

2016年)

経験に分析のメスを入れる

―粒子・粉体のキャラクタリゼーションとその粉体・材料プロセスへの応用―

平成28614日(火)、15日(水)

東京大学生産技術研究所/東京

共催:(一社)日本粉体工業技術協会

50

2015年)

造粒と成形

 

平成27625日(火)、26日(水)

大阪府立大学 I-siteなんば/大阪

共催:(一社)日本粉体工業技術協会

49

2014年)

粉砕と分散

平成26617日(火)、18日(水)

東京大学生産技術研究所/東京

共催:(一社)日本粉体工業技術協会

48

2013年)

粉体の表面改質

平成25613日(木)、14日(金)

メルパルク京都/京都

共催:(一社)日本粉体工業技術協会

47

2012年)

分散・凝集現象とその制御・評価技術

平成24612日(火)、13日(水)

東京大学生産技術研究所/東京

共催:(一社)日本粉体工業技術協会

46

2011年)

電池の製造と研究開発に貢献する粉体工学

平成23614日(火)、15日(水)

アルカディア市ヶ谷(私学会館)/東京

共催:(一社)日本粉体工業技術協会

45

2010年)

粉体工学と医薬品の製剤設計、品質保証―品質保証への粉体工学の貢献―

平成22615日(火)、16日(水)

アルカディア市ヶ谷(私学会館)/東京

共催:(社)日本粉体工業技術協会

44

2009年)

クリーンエネルギーに貢献する粉体技術―粉体燃料のハンドリング、環境対策技術から高機能材料まで―

平成21616日(火)、17日(水)

アルカディア市ヶ谷(私学会館)/東京

共催:(社)日本粉体工業技術協会

協賛:(社)日本エネルギー学会、(社)資源・素材学会

43

2008年)

静電気を利用した粒子技術の新展開―粒子の荷電・除電から帯電粒子の特性評価、運動制御、計測まで―

平成20610日(火)、11日(水)

アルカディア市ヶ谷(私学会館)/東京

共催:(社)日本粉体工業技術協会

協賛:静電気学会、日本画像学会、日本エアロゾル学会

42

2007年)

ビルドアッププロセスによる粉体粒子の創製と機能化技術の新展開―核生成、成長、結晶化の評価とスケールアップ技術―

平成19619日(水)、20日(木)

アルカディア市ヶ谷(私学会館)/東京

共催:(社)日本粉体工業技術協会

*各回のテキストは13,000円(税込・送料別)でご購入いただけます。ご注文・在庫のお問い合わせは、事務局(office@sptj.jp)まで。